« 闘魂注入も・・・ | トップページ | 2年ぶりのDTM(その2) »

2011年4月15日 (金)

2年ぶりのDTM

しばらく愛馬の出走もないので、久しぶりにDTM (DAW)してます。早いもので前作から2年・・・

相変わらずRoland UA-25の付属ソフトがメインですが、OSがWindows7  CPUがCore-i5に変わって多少の負荷にも耐えられるようになりました。

そこで、新しいプラグインシンセを追加しました。

Native Instruments FM8

Fm8001

名前の通りFM音源です。

PSYN Ⅱ にもFM変調が付いてますが、所詮アナログシンセなので特殊な倍音を含んだ音は出せません。

逆にFM音源はアナログシンセのような図太い音は苦手なのでPSYN II+FM8は鬼に金棒。

とりあえずどんな感じになるか試しに一曲。

まずは一番欲しかったベース音から

アタックで「ギュイン」というFM音源特有のベース音を作り、そこにPSYN Ⅱの厚めのベースを重ねます。(小さいスピーカーではよく聞こえないかも・・・)

1フレーズ目がFM8のみ、2フレーズ目がPSYN Ⅱのみ、3フレーズ目がFM8+PSYNⅡ

(↑クリックで再生)

バスドラはFM8でゴツンとしたアタックの聞いた音を、スネアにはFM8のザラっとしたノイズを足します。

(↑クリックで再生)

ベースとリズムパターンができたのでFM音源定番のクラビのコードシーケンスを加えてみます。

う~ん、80年代風 ^^;

この時点で曲自体はお蔵入り決定ですが、続きはまた次回。

|

« 闘魂注入も・・・ | トップページ | 2年ぶりのDTM(その2) »

DTM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527147/51391157

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりのDTM:

« 闘魂注入も・・・ | トップページ | 2年ぶりのDTM(その2) »